一戸建てを相続する際の注意点

相続において、最もトラブルが起きやすいのが「一戸建てしか遺産がない」というケースです。相続人が複数いると、それぞれに取り分がありますから、話し合いがまとまらないということが多いのです。一戸建てしか遺産がなくても、そこに誰も住まないのなら売ることもできますが、それまで親と同居していたなら、簡単には売れません。一応、売る以外にも一戸建てを処分する方法はあります。

それは、「居住用の小規模宅地の特例」という制度です。これは、被相続人の残した家に相続人が住み続ける場合に、宅地の330平方メートルまでの評価額を80%も減らせるという物です。例として、残された家が5000万円と評価されているとしたら、1000万円として計算されるということです。ただし、この制度を利用するには、10ヵ月以内に申告を済ませておく必要があります。

また、親の介護が絡んでくるケースだと、さらにややこしくなります。「兄は親と同居して、面倒を見てきた」「弟は全く関わってこなかった」という場合、兄としては「自分が相続して当然だ」と考えますが、法的には弟にも取り分はありますから、家を売りたいと考えます。そうなると、やはり話し合いはまとまりません。こういうトラブルを未然に防ぐためには、遺言書で遺産の分け方をきっちり指定しておくことが大切です。

各自の取り分が指定されていれば、内心では不満があったとしてもトラブルが表面化しにくいからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です