不動産の一戸建てについて

不動産の一戸建ては、アパートやマンションとよく比較されます。不動産の一戸建てはアパートやマンションが界壁や床をを経て上下階や両側の室と繋がっているために音声や騒音が伝わりやすいという特徴を持ちます。アパートでは構造上からも防音・遮音構造に問題があると判断される場合がありますし、マンション物件はその点アパートよりも防音性や防犯性に優れているとされます。一戸建ての場合には各住戸が距離を持って建つためにこの点で一体型のアパートやマンションと違っていて独立性を持ちます。

音声を発したり楽器を鳴らすことも離れて建つ場合にはまず問題なくそれが可能です。アパートやマンションの場合は、車を持つ場合には駐車場まで距離があり、マンションの高層階に住む場合には外出するのにある程度の手間や時間を使ってしまいます。その点一戸建ての場合には敷地の一角にそのスペースがあり、ほぼ時間をかけずに外出できます。もし大きなものを購入したり家の中にそれらのものを搬入する場合も玄関や掃き出し窓等を通じてスムーズに出来ます。

そして一番の利点は土に接しているために草花や自然に触れることができ、ガーデニングを楽しんだり子供の親しむ場となることです。間取りもゆったりとしていて融通がきき、収納スペースも多く、もし物が増え過ぎても物置を設置してそこに収納して行くことも出来ます。そして開放的なために友人や知人を呼んだりして交流を深めることも出来ます。雑草が生えることはありますがアパートやマンションのように維持管理費はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です